2014年09月18日

災いを招きし者(23)



 翌日の1月10日にまるもりはN女史にメールを送りました。

-------------------------------------

   N社  N様

 昨日はお忙しいところお付き合いいただきありがとうございました。なんとか春までに埋まってくれればいいのですが....。


 それで、駐車場の番号ふりと、無断駐車厳禁の看板と空いていて改装していない部屋の改装につき見積もりをたてていただければと思います。102号の鍵はこちらに郵送されており、昨日もっていくのを忘れたので私がまだ持っています。改装の日程が決まりましたら教えてください。なるべく早くキーボックスにいれるようにいたします。

 今後ともよろしくお願いします。

              まるもり

-------------------------------------

 まるもりのメールに対しての返信は翌日の12日にきていました。

-------------------------------------

  まるもり 様

 先日はお忙しい中有難うございました。

 駐車場とリフォームの件、見積書できましたら送付させていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

             N社  N

------------------------------------- 

 N女史のメールを見て、まるもりはため息をつきました。


「まあ、そのままにしておくわけにもいかないし、一気に全部空いた部屋きれいにしてしまった方がいいだろうから.....。」


 なんともやるせない気持ちですごしていたまるもりにN女史から13日にメールがとどいていました。


-------------------------------------

   S様

 お世話になります。駐車場の番号を添付します。


 内装のリフォームの部屋や、102号室、203号室、205号室です。1室15万くらいでできれば助かります。(クロス張替、キッチンパネル、クリーニングなど。)


 オーナーさんには当社から請求をだしますので、単価を聞かれたらわたくしに確認して欲しいとお伝えください。


 以上、お見積りお待ちしております。


             N社     N

-------------------------------------


 どうやらS氏へのメールを間違えてまるもりの方に送ってしまったようです。メールには駐車場の簡単な配置図が添付されていました。


「ふーん。Sさんに15万くらいでリフォームをしあげてもらって、こっちには20万くらいで請求するつもりかしら......。請求書をN社で出すってことは数字をいくらでもいじれるってことだよね.....。まあ退出後の1kのリフォームが15万もしたら賃貸経営が成り立たない気がするけど.....。」


 多分、そしてきっと.....。   


 ぼったくりってやつですね......。


 Sさんを下請にして、料金上乗せでN社がまるもりに請求すると。値段のことでSさんと口裏あわせしてボロを出すよりは請求書はN社でだすからなんかいわれたらN女史の方に聞けとといえと......。


「ふーん。そう。」


 まるもりはそうつぶやくとN女史にメールを打ち始めました。

 


 


posted by まるもり at 21:10| Comment(0) | アパート経営奮闘記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。