2014年04月07日

業者との出会いと個人事業主の申請(3)


 少し話が前後してしまいますが、2010年の秋口から、個人事業主の書類をそろえて、帳簿がつけられるように弥生会計(会計ソフトです。手書きの帳簿つけるよりとても楽だったりします。)を購入して、帳簿の勉強をすすめながら年明けにむけての開業の準備着々とすすめると同時に、N社からの物件の紹介を待っていましたが、すぐに物件を紹介されることもなく気が付くと12月になっていました。


 まあ、そうそういい物件がでてくるわけでもないだろうということで仕方ない部分はあるだろうと思っていました。待っているだけでなく、とりあえず自分でも物件を探してみて、よさそうな物があれば競売に参加する価値があるかどうかみてもらった方が早いかと考え、中古アパートで競売にかけれられている物件を検索してみました。そうこうしているうちに12月の初めに自分の目に留まったのは伊勢崎市の物件でした。


 平成3年築の木造アパート土地面積は191平方メートル、駐車場はないものの、目と鼻の先に伊勢崎市の経営する駐車場があり月3000円で借りることができ、10戸中9戸が29000円~30000円で埋まっているという物件でした。売却基準価格は415万円。非常に魅力的な物件に思えました。現在だけでも家賃は25万以上は上がっていて年間で300万入ってくることになります。入札期間は2011年1月4日~11日まで。年末にかかってくるので動くとすると少し急がなくてはいけません。競売に参加するだけの価値があるのかどうか専門家の意見も聞きたいと考え、私は早速N社に問い合わせのメールを送ってみました。


posted by まるもり at 21:29| Comment(0) | アパート経営奮闘記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。