2018年04月23日

VIN-NET(28)

 VAN-NETの債権者集会にいってきました。報告を待っている方もいると思うので報告あげておきます。



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ



 さて、今日はVIN-NETの第6回目の債権者集会でした。


 ↓毎度おなじみになってしまった家簡地裁合同庁舎

裁判所2018.4.23.jpg


 破産した会社の財産処分の手続きの進行の状況の報告だけになるので、正直なところ行ったところで....。という気持ちもありましたが、とにもかくにも、第6回のVIN-NETの債権者集会に行ってきました。


 破産して2年以上経ちますし、まあ、一般の方で興味のある人はもうほとんどいないでしょうし、マスコミも興味は全くない状況でこの件に関しての報道はもうほとんどなされません。


 そして裁判所は債権者に集会の議事録を送るでもなく、次回の債権者集会設定日を伝えることもしません。(ここは余計なことを集会で言われて、進行の妨げをされたくないというお役所の姿勢を感じます。まあ裁判所としては滞りなく破産手続きが済んでくれることが一番ですから.......。被害者の都合なんて知ったことではありません。)


 ヴァンネットの債権者集会の顛末を他の債権者が知るすべがこのブログしかない状況では、別になんの利益が自分にあるわけでもないのですが、成り行き上、一応報告しておく責務があるかと思い投稿します。


債権者集会スケジュール表2018.4.23.jpg


 やはり参加しても大して得るものもない状況ですから、参加者も少なくなっており今回は20人前後というところでしょうか.....。民事裁判を起こしている方の弁護士の方などもいるのでしょうが.....。


 前回報告のあったとおり、債権認否の確認の手続きで、フランスの業者さんの4億9736万円の届け出債権のうち、管財人が1億6915万は認めるが、3億2821万に関して管財人が否認したところ、債権に関しての裁判が起こされていましたが、現状ではすでに和解協議に入っているということで、和解が成立すれば、債権額が確定し、配当手続きに入れそうだという報告がありました。


 ということで、次回の債権者集会が7月23日(月)午前11時に設定されました。和解の進み方によっては次回で最終的な配当金の決定の報告があるかもしれません。


 本日の配布された貸借対照表。海外在庫ワインの売却などで確定した資産合計は1億4472万0774円、対して現在の負債の合計は43億2071万3031円。(和解分でもう少し負債は増える可能性があるかもしれません。)


 そこから、管財人報酬と最後配当費用が差し引かれて、債権の金額に従って配当されるわけですが....。うーん配当金額は債権の2%前後になりますかね....。


 基本的に裁判所は今回の件は高橋氏単独の不正で、北田氏の責任を立証はできないというスタンスで淡々とヴァンネットという会社の破産手続きをすすめている状況で、多分、次回の7月23日で手続き終了ということになるんでしょうね...。


 あとは民事で裁判をすすめている弁護士さんたちがどれだけがんばるかでしょうが....。基本的には和解勧告されて、どれくらいのところで手をうつかという話になるんでしょうが....。


 裁判を起こした人達は弁護士費用を差し引いて、時間を費やした分のお金だけでも回収できるのか....。まあ少しでもいい結果を引き出してもらいたいものです....。


 まあ、それなりの支払命令がでたとしても、北田氏らがどれくらいの支払能力があるかは微妙かもしれませんが....。


 まあ、かぼちゃの馬車の記事でも書きましたけど、警察も裁判所も所詮、お役人ですから....。弁護士さんも商売でやっていることでお金がとれればいいわけで、原告だろうと、被告だろうとその人の人生まで背負ってくれるわけではないです....。


 最終的にはお金のことって、自己責任でだれも助けてくれませんから.....。自分はまだ、余裕資金でやっていたことですし、起こったことに関しては奥さんも知っている事なので、まだ精神的に冷静でいられますが(まあよく、ブログネタにできるなとちょっと自分でも呆れますが....。)、本当に老後資金などを将来のためにとつぎ込んでしまった方は大変だと思います。


 せめてヴァンネットの破産手続きの顛末は追っていければと思います。どれほど、他の債権者の方のお役にたてているかわかりませんが、7月23日も参加して報告出すつもりですので引き続き応援お願いいたします。


 

 



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

IMG_0970[1].JPG


 うーん、この状況でもなんとかすこしでも回収する方法がないか未練がましく考えてしまう自分がいるんじゃん。(多分なにもできないけど.....。)

posted by まるもり at 18:00| Comment(1) | VIN-NET | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

日本の人口減少

 昼間はぐっとあたたかくなってきました。桜の開花は今年は少し早くなるようですね。
 もう、今日もまるもりの暴走記事が止まりません。


不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

 世間は森友問題で騒がれて、肝心の来年度予算の審議や大事な法案が棚上げになってしまっていますが......。見ていてもういい加減にしてほしいというのがまるもりの正直な気持ちです。


 ぶっちゃけ政治家なんて、利権の調整役なわけで、叩けば埃がでない人はいないでしょう。多少の事はあっても仕事をきちっとしてくれればそれでいいじゃないかというのが本音です。7,8億のディスカウントの合法性の有無や書面の書き換えの公文書偽造も司法にゆだねればいい話で、100兆円の予算についてきちっと議論せいやというのがまるもりの考えです。(こんなくだらない議論に時間と税金をつかわないでほしいです...。)


 たとえば、今の日本の抱えている問題に少子高齢化があります。この問題は賃貸経営にもおおきな影響を与えます。


 1949年の出生数は269万6638人でした。それが次第に低下していき2016年に97万6979人まで減少し初めて100万人を切りました。18歳の人口は1992年には約205万人だったのが、2015年には約120万人まで減少し、学生の減少で大学の経営が揺らぎ始めています。2020年には日本の女性の50%以上が50歳以上になると推定され、出産が可能な女性の数自体も急激に減少しています。


この問題は非常に深刻で国の存亡がかかっている問題といっても過言ではありません。国立社会保障人口問題研究所の日本の将来推計人口の公表資料(http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp_zenkoku2017.asp)は衝撃的な内容となっています。


 一人の女性が生涯に出産する子供数の推定値を合計特殊出生率といいます。夫婦が2人ですから2.00で人口は維持され、これ以上であれば人口は増え、これ以下なら人口が減ると推定されます。


 終戦間もない1947年には合計特殊出生率は4.54でしたが2016年には1.44になっています。


 日本の将来推計人口の出生率が1.40のときと1.60の場合を追っていくと2015年に1億2700万あった人口は50年後の2065年には1.40のままの場合、8670万、1.60と今より良かった場合で9330万となります。さらに50年後にはそれぞれ、4770万、6202万まで減少していきます。


 わずか100年で人口が半減していくという予想....。


 人口が減っていくだけでなく2050年くらいまでは高齢化がすすんでいきます。2027年ころには高齢化にともなう悪性疾患の増加による輸血用血液の需要に対して、若者の献血者が減り、輸血用血液が不足するようになり、2033年には3戸に1戸が空き屋になり、2040年ころには自治体の半数が消滅、高齢者の死亡者が増え火葬場が不足することが推定されています。若者の減少は警察官や自衛隊員、消防士などの人員不足が深刻化していき国防、治安、防災機能が低下していきます。


 大体、生物学的に数が減るというのは繁殖するのに適さない環境になっているということになりますから日本はある意味、世界で一番繁殖しずらい環境になっているということの裏返しともいえるでしょう。


 実際、今の日本が子供を産み、育てる環境にあるのでしょうか?


 高学歴化の晩婚化に加え、子育て世代の可処分所得は減少の一途をたどり、教育費は高騰。共働きが当たり前になり、出産したらばすぐ保育所に預けるのが当たり前になってしまう。かつて子供達に開放されていた空き地はなく、公園は老人に占拠され、保育園や幼稚園は騒音がうるさいと建設に反対運動がおこる。


 かつては子孫繁栄のために、出産、子育ては重要視されていました。男の子がうまれなければ家が断絶して墓を守る人間もいなくなってしまいますから、女性にとって出産は一番重要な仕事だったわけです。


 本当に女性が子供を産まなければ人類が滅びますから....。かつてはほとんどの女性が結婚したらば専業主婦、あるいは自営の夫の仕事を助けながら地域社会をささえていました。舅や姑の介護は、嫁だけでなく、あそこの奥さんたいへんそうだからたすけにいこうかと回りの奥様方も手を貸してくれたりして地域の女性達で協力していたんです。


 それは子育てもそうです。自分が子供のころは学校から帰ってきたらばとなりのおばさんがこたつに入って母親と話していたり、なにかあれば近所のおばさんやおじさんにひっぱたかれたりしました。となりに味噌もらってきてなんていわれて隣の家にいったりなんて時代が半世紀前にはあったんです。


 街中で遊んでいても、かならずだれかしらのおばさんの目があって、子供達はその庇護の下、ガキ大将を頭とした子供達のコミュニティーをつくって遊びながらそだちました。


 女性がつくっていた地域のコミュニティーが、出産、育児、介護、冠婚葬祭という一番重要な営みを支えていたんです。女性の社会進出という名の下に地域社会をささえていたコミュニティーは崩壊していきました。


 今、子供達が遊ぶ場所がありますか?子供達を育てられる環境がありますか?


 多くの生命は子孫を残すために親は命をかけますけど(鮭が川の遡上し、卵を受精後親は命を失う。セミは繁殖のための2週間の間のために何年間も土の中ですごす。)結婚や出産は男にとってペイしないなんて理論がでるっていう世界がおかしいですよね。


 お金なんて、生きていくための道具でしかないのに....。子供や孫に見守られながらありがとうって感謝されてあの世に旅立つのが本来の姿のはずなのに....。孤独死していく人がどんどん増えていくっておかしくないですか?


 この問題、本当に与野党いっしょになって真剣に論議してほしいです。現状を変える為には出産育児にインセンティブをつけるしかないと思います。2人目からは月5万、3人目は月10万をその子が18歳になるまで支給するとか、下手にパートで働くより子育てをしている方がペイするようにするとかしないとだめだと思います。


 あとは高い教育費をなんとかしないと.....。


 スキャンダルで政治家つぶしのお祭りさわぎしているひまなんかないと思うんですが....。


 少子高齢化も喫緊の問題ですけど、ほかにも前に書いた原発の問題、北朝鮮の問題など重要な問題がたくさんあるわけですから...。野党もスキャンダルでなく、こういった問題で政策論議をしてほしいものです。


 

 



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

IMG_0970[1].JPG

 三木武吉 Wikiより

 戦後、公職追放解除後の第25回衆議院議員総選挙では、選挙中の立会演説会で対立候補の福家俊一から「戦後男女同権となったものの、ある有力候補のごときは妾を4人も持っている。かかる不徳義漢が国政に関係する資格があるか」と批判された。ところが、次に演壇に立った三木は「私の前に立ったフケ(=福家)ば飛ぶような候補者がある有力候補と申したのは、不肖この三木武吉であります。なるべくなら、皆さんの貴重なる一票は、先の無力候補に投ぜられるより、有力候補たる私に…と、三木は考えます。なお、正確を期さねばならんので、さきの無力候補の数字的間違いを、ここで訂正しておきます。私には、妾が4人あると申されたが、事実は5人であります。5を4と数えるごとき、小学校一年生といえども、恥とすべきであります。1つ数え損なったとみえます。ただし、5人の女性たちは、今日ではいずれも老来廃馬と相成り、役には立ちませぬ。が、これを捨て去るごとき不人情は、三木武吉にはできませんから、みな今日も養っております」と愛人の存在をあっさりと認め、さらに詳細を訂正し、聴衆の爆笑と拍手を呼んだ。

「およそ大政治家たらんものはだ、いっぺんに数人の女をだ、喧嘩もさせず嫉妬もさせずにだ、操っていくぐらい腕がなくてはならん」と、男っぷり溢れる発言をしたり、松竹梅といわれた3人の妾 (ちなみにこれは、愛人のランクではなく、実際に名前が松子、竹子、梅子だった) を囲ったりした。松子には神楽坂で待合茶屋を持たせた。晩年も精力に衰えはなく、72歳で亡くなるときも愛人が5人いたという。しかしその一方で愛妻家でもあり「本当に愛情を持ち続けているのは、やはり女房のかね子だ。ほかの女は好きになった…というだけだ」と述べている。妾たちもかね子を別扱いにして、世話をしていた。

 こういうおおらかな時代でないと大政治家ってうまれないもんなんですかね....。清廉潔白、誠実さだけでプーチンやトランプと相対することができるんですかね..。多少の腹黒さをもっていても仕事ができればその方が大事と思うのはまるもりだけでしょうか..。

posted by まるもり at 23:56| Comment(0) | まるもりの勝手なつぶやき | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

震災から7年

 あの日から7年たつんですね.....。自分がアパートを所有したのもこの年で、物件落札したと思ったら震災になって、茫然としたことを思い出します。まあ、日本自体がどうなるかわからない状況でしたが...。


不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ



 時がたつのは早いもので、東日本大震災から7年が経過します。犠牲者の方々のご冥福を改めてお祈りいたします。



 今日はこういう日なので不動産投資とはすこしはずれるかもしれませんが思ったことをダラダラとかかせていただければと思います。



 あの日は3月でもまだ寒い時で、埼玉の奥地は電気もガスも止まり、テレビからの情報も入らなくなり突然、何がおきているのかもわからない状況になりました。(当時の状況はブログでも書いていますが、職場の方は電気は大丈夫だったんですが、自宅の方は停電になってしまい、テレビが見れない状態の奥さんは東北が津波におそわれてあのような状況だったことを翌日知りました。)


 まあ、家も家族も一瞬のうちに奪われた被災地の方々にくらべれば全然ましな状況ですが、それでも本当に不安になったことを覚えています。


 週明けには鉄道が止まり、ガソリンの供給がなくなり、こちらは陸の孤島と化しました。4号機の使用済み核燃料が露出して空気中に散布されたら関東が人が住めなくなるというような状況だったようですが、何かあっても、移動手段もないですからそこにとどまるしかない状況だったんですよね....。(報道はされませんでしたが、当時は西へにげようとする人で東京駅が大変だったようですよ.....。)




 いや、まあ、金融恐慌時の取り付け騒ぎとかもそうですけど、本当に民衆がパニックになる画像は報道規制されますから....。(今はもうインスタグラムやツイッターの時代なので報道規制などかいくぐってネットに画像や動画があげられてしまうんでしょうが....。7年前はそこまででなかったんですね。)


 まるもりは動きがぜんぜんとれず、落札したばかりの第一号物件も放置しておくしかない状況でした。いや、まあなんともまるもりの悪運の強さを感じますよね....。


 今回の震災で一番悲劇だったのが福島第一原発の事故が起こったことです。





 これがなければもっと復興はすすんだんでしょうが、これが大きな妨げとなり、その後始末は廃炉も含めて、おおきな国や地方の負担になっています。


 自分も勉強不足だったのですが、今回の事故で原発事故で原発の現実を初めて知りました。それまでは使用済み核燃料の処理の仕方が確立していない状況で、高レベルの核廃棄物が生産されつづけていることが一番おおきな問題だと思っていましたが、実際にはそれ以上に様々な問題があることがわかりました。


 まず運転は停止できても、使用中の核燃料は高熱を発し、空気中では自己融解してしまうので、水中で常に冷やしておかないといけません。使用を中止した核燃料も安全に取り出せる温度になるまで数年かかり、そのあとも崩壊熱をだすため使用済み核燃料もプールで保管しなくてはいけないということです。


 つまり、運転は停止できても、燃料を数年間にわたって水のなかで冷やし続けなくては燃料が熱を発しながら自己融解して、人も、ロボットが近づくこともできないようなレベルの放射線を放出し続ける事態になってしまいます。


 また、使用済みの核燃料の内、使えなくなったものは廃液とし、これをガラス原料と融かし合わせ、ステンレス製の容器に流し込んで冷やして固めて「ガラス固化体」、すなわち高レベル放射性廃棄物(high-level radioactive waste)と呼ばれるものにされます。一つのかたまりが直径が約40cm、高さが約1.3mの筒型で、総重量は約500kgで製造直後は、表面の放射線量が1,500,000mSv/hと非常に高い値(人が近づけば十数秒で死亡するレベル)になるのでこれをオーバーパックという厚さ約20cmの金属容器に包み青森県六ヶ所村の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターなどで保管されています。


 これの最終処分が地下深くの安定した岩盤に閉じ込め、人間の生活環境から隔離する「地層処分」で日本では地下300m以深の地層に処分することになっています。10万年の管理が必要といわれているわけですが....。


地層処分.jpg 


 うーん、正気の沙汰と思えません。古代文明が出現したのが4000年前なんですけど、何万年っていうスケールを人間が管理できるというんでしょうか?


 だとするとその考え方自体がクレイジーだとしか思えません....。


 さあ、それはおいておいて、東日本大震災ですが、当時はとんでもない事が起こってしまったと思っていましたが、客観的に考えると、プレート地震は数百年起きに起こっていて、三陸は数十年に一度、大津波に襲われているわけで決して珍しい出来事ではなかったわけですが、人の記憶というものはすぐ薄れてしまうものなんですね。


 マントルが対流している地球の表面の浮島みたいな地殻の上に我々は住んでいるわけで、2億年前に一つだった大陸が、分裂して大西洋ができたり、インドがユーラシアに衝突して海底がヒマラヤ山脈になったりしています。1000年に一度のプレート地震も46億年の歴史をもつ地球にとってみれば40000回以上おきている事象ということになるわけで....。


 異常気象だなんだといっても、人間の記録がのこっている数十年の間の変動をみているだけで、白亜紀には地球の平均気温は22度で冷帯や寒帯はなかったそうですし、約22億年前、約7億年前、約6億年前の少なくとも3度、全凍結したときは地球の平均気温は-50度だったと推定されています。(現在は地球は第四期という時代に258万年前に入り、1万年前から間氷期といって寒期の中ではやや暖かい時期に入っています。

二酸化炭素濃度と気温の推移.jpg

      http://www.geocraft.com/WVFossils/Carboniferous_climate.htmlより抜粋


 間氷期は寒冷期でも暖かい時期なんですがそれでも長い年月の間では地球にとっては少し気温が低い時期にです。実は人類にとっては今の気温が普通の地球の気温と考えているだけで平均的な気温からくらべると低気温の中で生きているんです。いずれ数千年の後に間氷期はおわりに数万年続く氷期に入るのではないかという説もあります。)


 なにがいいたいかというと、数十年しか生きられなくて、この円周40000kmの宇宙のけし粒にも満たない天体のマントルに浮いた浮島のような部分で這いずり回ることしかできない人間の経験でいままでなかったからといって、自然にとってはべつに珍しくもなんでもない、いつ起こってもおかしくないことだということです。(地球の時間スケールだと、1000年なんてほとんど瞬時にも満たない時間スケールになりますしね...。5,6度の気温変動も誤差の範囲内ということです。)


 まあ、極端な例をあげれば6500万年前の小惑星の衝突で極端な寒冷期に入り、恐竜が滅亡していますよね。これだって数百年のうちにまたないとはいえないわけですから....。



 特に日本はユーラシア、フィリピン、太平洋、北米プレートが集まってくるところでなにもしなくてもプレート型地震が定期的におこる地域....。ユーラシアプレートが太平洋プレートに引き込まれてはじくようにもどるのがプレート型地震で、これは数百年間隔でおこってますし、ユーラシアプレートが引き込まれて地中や地表にヒビが入っておこるのが活断層地震で、プレートの緊張が高まっている活動期の今は頻回で日本全土に起こっている状態です。


 そして、昭和新山や西ノ島ではないですけど、田んぼの真ん中や海にいきなり火山ができてしまう場所です。南アルプスや富士山はもともと南からフィリピンプレートに乗ってきた島が100万年前くらいに日本列島に衝突して伊豆半島ができて、その衝突でできたといわれています。

伊豆半島.jpg


 さあ、こんなどこに地震がおこっても、火山が噴き出しても中長期的には全くおかしくないところに原発を立てても安全で、たかだか300mの地中に高レベル廃棄物を埋めて10万年大丈夫と本当にいえるんでしょうか....。(世界的には海底の底がヒマラヤ山脈の山頂になったりするんですよ?)


 確かに1963年に東海村で原子力発電が開始されてから、2011年までの48年間それなりに安全に運転できていたのかもしれませんけど、たった50年弱安全に運転できていれば1万年大丈夫といえるんでしょうか?


 あまりにも処分は廃炉を考えると、コストと危険が高い原発.....。中長期的には原発でなく、同等の開発費を地熱や波力、海流発電などに差し向け、日本の地域性を生かしたエネルギー開発を行っていくべきかなと感じます。
 

 今日は、あの日のことを思い出しながら、ぼんやりと思ったことをなんとなく書いてみました。


 連日の国会の森友問題にへきへきしている今日この頃です。十数億の土地の取引の不正云々は警察や検察の司法機関に犯罪性の捜査をゆだねて、このエネルギー問題もそうですけど、今うごきを見せている北朝鮮問題や、少子高齢化などきちっと大事な問題を論議してほしいです。


 原発問題や防災についてきちっと論議されてまともな対策が打ち出されなくては亡くなった方々が浮かばれません。


 明日は我が身、そして自分の家族にもふりかかるかもしれない災害.....。あれから7年、改めて犠牲者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。


 
 
 

 



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

IMG_0970[1].JPG

 どうしてもこの日には何か記事をかかなくてはいけない気がしてしまったんですの....。
posted by まるもり at 22:32| Comment(0) | おまけ | 更新情報をチェックする