2018年12月09日

2018年も年末を迎えて.....。

 さて、気が付けば2018年も終わりを告げようとしています。早いものです。
 今年は、いつか崩壊するだろうなと皆さんが考えていたスルガの個人投資家向けの融資の問題がかぼちゃの馬車の一件で一気に表面化した年でした。

 
 そして来年以降、世界も大きく変動しそうな兆候もたくさんみられた年でもあります。


 一番強烈だったのがこちら.....。



 10月4日のハドソン研究所でのペンス副大統領の演説ですが....。
 New York Timesは新たな冷戦の前兆(https://www.nytimes.com/2018/10/05/world/asia/pence-china-speech-cold-war.html)と表題をつけているようにかなり中国に対してきびしい演説の内容でした。

 「メイド・イン・チャイナ(Made in China)2025 」計画を通じて、中国はロボット工学、バイオテクノロジー、AI(人工知能)など世界の最先端産業の90%を支配することを目指しており、不当に米国の知的財産を犯している....。米国のメディアの一部はこの演説は、対ソ冷戦の時の鉄のカーテン演説に匹敵する演説ではないかと評し、新冷戦の始まりと報道しました。


 10月にブルームバーグがすっぱ抜いた記事によると(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-04/PG2CZY6TTDS801)、アマゾンやアップルのサーバーにハッキング用のマイクロチップが埋め込まれていて、どうやらそれが、サーバー向けのマザーボードを制作しているスーパーマイクロ社の下請け会社で中国によりマイクロチップが埋め込まれたといわれています。スーパーマイクロ社はサーバー用のマザーボードではかなりのシェアを占めており、これが本当だとすると米国のどれだけのサーバーにマイクロチップが埋め込まれているか想像もつかない状況になります。


 中国に対しての情報漏洩の危険性を考慮して、中国の通信会社であるファーウェイとZTEはすでに米国、カナダ、英国、オーストラリア、ニュージーランドではすでに排除されており,米国の要請をうけて日本でも政府機関での締め出しが(https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20181207_00620181207)決定しました。


 ここ一連のトランプ政権の関税での貿易戦争はこのペンス氏の演説からもわかるように中長期的は中国つぶしを考えたものと見た方がよいのかもしれません。中国もすでに不動産バブルもはじけかけており、この一連の関税引き上げの応酬で経済的にもかなり苦しくなってきています。(https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-28/PIVQ9R6JTSEX01)中国経済が崩壊すると、米国も返り血をあびることになるでしょうが、かなりの覚悟でトランプ政権は中国をつぶしにかかると考えた方がいいのかもしれません。


 ヨーロッパに目を向ければ、メイ首相はEUとの離脱の合意案をまとめたものの、離脱予定が2019年3月に迫っているにもかかわらず、議会では否認される見込みが高く、合意なしの離脱になる可能性がたかまってきています。EUで2番目の経済大国が合意なしの離脱となるとかなりの混乱が予想されます。


 またフランスでは燃料税に対するデモが断続的に行われ、マクロン大統領の支持率も20%前後まで低下し、下手をすると内戦にでもなってしまうのではないかという混乱状態になっています。ドイツもメルケル氏が引退し、政治的な停滞が予想される上に、ヴォルクスワーゲンも巨額な罰金を米当局やEUに払うことになったものの、いまだに燃費問題での訴訟がくすぶっている状態で、第一の銀行であるドイツ銀行は経営危機がささやかれていいる状態です。


 来年、EU、ユーロはもつのでしょうか......。中国も下手をすると内戦状態になる可能性もあるかもしれません。2019年は世界的にかなりの経済的な変動の年と成る可能性が高いかもしれません.....。2019年10月の消費税増税などといっていられない状況になることもありえるかもと思えるくらい、今年は世界的にかなり不安定な因子が表で出てきた年でした。


 とりとめもなく、日本での公共機関でのファーエイ、ZTEの締め出しのニュースをみてふと思ったことをだらだらと書きました。
posted by まるもり at 21:59| Comment(0) | まるもりの勝手なエッセイ | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

投資ブームに思う事.....。

 実は、職場がかわってここのところばたばたしていて、ブログ関係の方は完全に放置の状態になっていました。VIN-NETの記事のコメントもチェックしないでいてお返事もかけなかったのでそちらのお返事も含めてひさびさに記事をあげさせてもらいます。



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ



 7月から8月にかけて命にかかわるような酷暑が続く上、台風や前線の影響で西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨と、今年は例年にも増して温暖化に伴うと思われる異常気象が続いています。

 災害の被害者の方には心よりご冥福をお祈りさせていただきます。西日本の大家さん達は大丈夫でしょうか....。何事もないことを願っております。

 さて、まるもりの方は8月に入って職場が異動になり、慣れない職場でばたばたとしております。余裕もなく、休日に久しぶりにブログを確認してみたらばコメントが入っていたりしてちょっと焦りました。

 ブログ用のメールアドレスのチェックもできないでいたので、大事なお知らせも期限切れになっていたりでショックな今日この頃です.....。それはおいておいて今更ですが、コメントをいれていただいた皆様どうもありがとうございました。

 で、転居して手紙がとどかない方からの問い合わせもあったので、今回の破産処理の事件番号を書いておきます。平成28年(フ)第1530号になります。東京地方裁判所の民事第20部が担当しているので、地方裁判所に連絡してください。

 あとは今回の事件の管財人はリソルテ総合法律事務所の今村弁護士で、送金依頼書は管財人宛に8月23日までに送る必要があります。あと2週間弱ありますが、手続きをなるべく早く済ませておいた方がよいと思います。

 このブログの連絡先をExciteメールにしていましたが、Exciteメールも9月でサービス停止になるのでGmailのアドレスに変更しました。もし自分に連絡必要な方はブログのサイドバーのアドレスにメールをいただければできる範囲でお返事返させていただきます。(思ったより環境適応力なくて、結構ここのところぐったり状態です....。お返事遅れたら申し訳ありません.....。早くペースをつかみたいところですね。)

 さて、かぼちゃの馬車の騒動もあって、かなりえぐい、高属性の人を嵌めて物件の売買を行う様々なスキーム(エビデンス捏造、1物件1法人スキームなど)が明らかにされ、静岡の一世を風靡した地方銀行が叩かれ、サンタメ業者さんが次々と資金を温存しつつ、売買の責任からの逃避するために撤退を次々にしている状況です。

 不動産投資って、うごく金額が大きいですし、基本的には副業というよりは事業としてかんがえないとだめだと思います。今後に関しては高齢化がすすんで、人口も減りますから中長期的にはかなり厳しい分野での事業と考えた方がいいでしょう。

 本当に成功している人はかなり大変な思いをして、いくつかの失敗も重ねながら自分なりの方法を見い出してきたんだと思います。他人の言うことを信じていいなりになっていてはこのブログに記載したころのまるもりと同じように、いいようにカモにされるだけです。

 高属性の方は基本的に自分もそうでしたが、やはり選ばれた人達の中で働いてきているので、一般的な常識や責任感というものを相手に期待してしまう傾向があります。それで済んでいたのは、それなりの組織という看板の下で働いていたからです。

 世の中には平気で人の期待を裏切ったり、だまして平気な人が実はたくさんいます。計画的に倒産まで考えて、会社をおこしてお金を集め、資金をできるだけ逃がして儲けを確保して会社をつぶして、多くの人の人生を狂わせた責任をほおっかむりしてほくそ笑む人間もたくさんいるんです。

 ヴァンネットの高橋氏がそうだったとは思いたくありませんが、必要に応じて人を消すことを厭わないし、それを合法的にみせてできてしまう人間もいるんです。

 不動産投資って、本当にうまくいったかどうかって時間がたたないとわからないので、最初うまくいっているように見えても中長期的には追い込まれることになることも結構あるんです。気が付いた時にはもう逃げられなくなっていて、業者はドロンしているということも当たり前にありうることなんです。

 銀行は所詮、金貸しですから借主の事情なんか知ったことじゃありません。確実にどう回収するかを考えます。ビジネスですから当たり前のことです。

 地主さんが5回殺されるの記事でも書きましたが、もともとがオーナーから吸い取るシステムを提供しているわけですから.....。かぼちゃの馬車の件でいえば、30年保証だろうが、50年保証だろうが、会社が倒産すれば責任の所在はなくなり、買主が借金を抱えて立ちすくむという恐ろしい実態が現実のものとなっています。(銀行さんは逃げられないようにしっかり縛り付けているので状況は悲惨そのものでしょう....。)

 この低金利の時代、年金もどうなるかわからないし、なんとか副収入や投資で資産をふやしたいという気持ちもわかりますし、なにしろ国が投資をすすめている状況ですから.....。

 でも返す返す申し上げますが、投資は借金をしてまで行うものではないと思います。失敗しても引き返すことができる範囲で行っていただければ.....。正社員で勤めることさえ大変になっているこのご時世。他の人より少し余裕のある生活ができることの幸せを、大切なご家族の寝顔をみて噛みしめてかんがえていただければと思います。

 ああ、もちろん、不動産に残りの人生をかけて事業としてやるんだと覚悟を決めてやろうという方はまた別ですよ....。

 あいかわらずとりとめのない記事になってしまいましたが......。

 それでも今を頑張っている日本の大家さん達に幸ある事を願っています。
 

 

 



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

IMG_0970[1].JPG

posted by まるもり at 19:22| Comment(2) | おまけ | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

VIN-NET(29)

 VAN-NETの債権者集会にいってきました。ようやく配当金が決定しそうです。



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ



 さて、今日はVIN-NETの第7回目の債権者集会でした。東京も暑かったですね。埼玉の北部もめちゃくちゃ暑かったですが...。


 ↓毎度おなじみになってしまった家簡地裁合同庁舎

裁判所2018.4.23.jpg


 さて今回の7回目の債権者集会ですが、前回に問題になっていた海外債権者の裁判の和解が成立していよいよ配当金の分配の手続きにすすんでいく見込みとなりました。なので債権者集会は今回が最後になるようです。


 民事裁判はあちこちで起こっているようですが、(どこも原告側は苦戦していそうですが.....。)VIN-NETの破産手続きはこれで目途がつくことになります。


 やはり参加は今回も20人前後というところでしょう.....。


 債権認否の確認の手続きで、海外の債権者の413268148円分の認定分に関して、1459940円先に支払がすんでおり、これは0.3526%になるわけですが、この分に関しては全債権者に配当金の一部として確定させるようです。


 これに加えて、最終的な配当金の見込み額は2.3952%になるようです。まあ大体予想どおりですかね。


 まるもりの場合は1500万ですから36万弱ですかね.....。(うん、そうですね。笑うしかないです。)


 今週の木曜日にも配当金に関しての通知書が、普通郵便で債権者全員に送られることになりそうです。債権者の方で住所が変更になっている場合はどうするのかという質問がでていました。その方は引っ越しして間もないので郵便局で転送届を出しているので大丈夫のようですが、債権者の方で引っ越しなどしている方は裁判所に連絡して、住所変更の書類を提出する必要がありそうですので裁判所に問い合わせておいた方がよいでしょう。


 郵送されてくる封書には、配当金の振込み先の口座を記載する送金依頼書が添付されるようなので、そちらを返送する形になります。8月23日が送金依頼書の提出最終日のようなので、それまでに必ず送金依頼書を郵送する必要があります。


 また、9月末に配当額の確定通知が送られ、最終的な配当金の振込みは10月前後の見込みになるようです。


 そして11月15日(木)の11時40分に管財人による任務終了報告集会が行われ、VIN-NETの債権処理は終了することになります。


 まあ、法人の法的債権処理の過程を一通り見るという貴重な体験をさせていただきました。この間感じたのは、警察も、裁判所も所詮お役所にすぎないし、裁判もあくまでも紛争時の解決手段のひとつにすぎないということです。弁護士さんは、自分の報酬のことをかんがえていますしボランティアや、人助けではなくてビジネスでやっているにすぎないということです。


 交渉のツールとして、使う事はできますが、正義の味方でも、弱者の味方でもないと考えた上でどう利用し、どうコストをかけるかという観点で自分で方針をある程度たてていかないと、相手の言いなりになっていいようにされてしまう可能性を考える必要があるでしょう。


 VIN-NETの場合は債権者が非常に社会的にも経済的にも恵まれている方が多く、お行儀が良い方が多かった事、またファンドという形で債権確定がしやすかったことから、外国のワインの償還と裁判手続きに手を焼いたものの、この手の破産処理の中ではまだそんなに複雑な状況ではかなったのではないかと推定されますが、それでもこれだけの時間と手間がかかりました。


 これ、手形を乱発していたり、それが債権譲渡されて、取り扱っている商品が多種類にわたり在庫の評価が大変だったり、売掛、買掛金の問題が発生したりとかしたらばもっと複雑な利害関係になりそうですものね...。裁判所が債権者集会をできるだけクローズドにして参加者もあまり参加しないようなシステムにして質問も最低限にさせて、管財人ペースで一気に処理をすすめようとするのもわかるような気がします。


 投資はやはり自己責任ですから....。基本的には余裕資金でやることをおすすめします。こけたとき基本的に誰もあなたを助けてはくれませんから.....。世の中には信頼関係を長くつづけてビジネスを永続的に続けていこうとする人ばかりではなく、人を陥れて、がっつり儲けて逃げ切りを考える輩が跋扈していることをお忘れなく。


 失敗している自分がいっても失笑をかうだけかもしれませんが、人を信じて嵌め込まれる恐ろしさをこのブログを通じて再認識してもらえれる人が少しでもいたならば、世の中の為にすこしでもなるのかなと思いつつ本日投稿しました。


 自分の投稿が少しでも他の債権者の方のお力になれていれば幸いなのですが......。債権者の方も皆様大変だとおもいますが、いい方向で前にすすんでいってもらえることを願っています。


 VAN-NETの一連の記事は、配当金が振り込まれたらそれを報告して最終記事にする予定です。ここまでVIN-NETの記事を追ってくださっている読者の方に感謝いたします。

 

 

 



不動産投資 ブログランキングへ
  ↑
気に入ってくれたらクリックお願いします。


にほんブログ村 住まいブログ アパート経営へ

IMG_0970[1].JPG




posted by まるもり at 22:03| Comment(4) | おまけ | 更新情報をチェックする